クリスマスローズは貴重な冬の植物 - 花とやさしい園芸の生活


野菜作り一筋30年のプロ中のプロが、
今までの常識をくつがえす、たった3分でできる、
あまりにも簡単な家庭菜園方法をお教えします


⇒詳細はこちらをクリック

クリスマスローズは貴重な冬の植物

クリスマスローズは英国ではノイガーという、白い花を指しています。しかし日本では2〜3月に咲くオリエンタリスも含めて、クリスマスローズと呼んでいます。その名のとおり、バラに似た花を咲かせ、寒さにも強く花が咲いている期間も長いため、貴重な冬の植物として、愛されています。

クリスマスローズが人々から愛されている理由は、その美しい姿もそうですが、やはり花の少ない時期に開花する、ということと、荒れた大地に自生するような強さを持っているからでしょう。また、この花は、冬の凍った大地で、雪を持ち上げて開花することから「雪起こし」とも呼ばれています。 

クリスマスローズは、その可憐な姿に似合わず、大変強い花です。別名を「雪起こし」とも言うように、冬枯れの大地で、雪を持ち上げて花を咲かせ、自生しているのです。本来のクリスマスローズを指すノイガーは、地下の黒く短い根に由来しており、以前は、薬として飲まれていました。

クリスマスローズで、我々から見て、花びらのように見える部分は実は、植物学的にはガク片と呼ばれているものです。花弁は退化して蜜管となっており、そのため開花期が長く、観賞用に適しているといえるのです。また品種改良によって色も増え、冬になくてはならない花となりました。

クリスマスローズが世界中で愛され、育てられている理由として、やはり第一には花が少ない真冬に開花すると言うことが挙げられるでしょう。次に、半日陰の庭でも育てられる丈夫さがあると思います。英国ではクリスマスローズは今、バラの次に人気のある花なのです。


RSS関連リンク
クリスマスローズの苗ページ
理由は、クリスマスローズのハイブリット、あるいはニゲルなどの原種を含めて系統などにより成長段階にかなりの幅があり、一概に苗はこのような状態で「は成長します」と言えないことがその理由です。またあまりのも多くの写真を掲載し ...

ここは記事下のフリースペースです